來宮神社の境内整備コンセプトと整備経緯

経緯一覧↓

「心さやかに参拝できる環境つくり」
プロジェクト

五感GOKANで感じる「癒・楽・時」を求めて

 神職及び巫女は御祭神に仕え、日々の諸祭儀をご奉仕することは第一の本義であると共に、参拝者が気持ちよく、神々に感謝を捧げ、祈ることの出来る環境作りも大切なことです。

神々と参拝者の「なかとりもち」である役割であることにも重点を置き、若い世代を始め、お子様やご年配の方々など、世代を超えた参拝者に五感(観・囁き・暖・食・香)で感じて頂き、心清かに参拝出来る神域つくりが目的です。
 古来、寺社は情報発信地であり、多くの門前町を有していたことから、地域をを代表する集い所でした。
 現代においても「癒・楽・時」の役割を担い、参詣者が心を寄せて頂ける神社の護持運営に努めます。

IMG_7683.JPG

【Kodama Forest Project】

IMG_3361.JPG
御神木大楠の周りに85個と境内に75個の計160個のLEDを鳥かごや浮き球に仕込み、境内全体「木霊」に木霊を表現するプロジェクトです。

有限会社オオクスライフアシストのプロデュースで、施工は楓翠苑に依頼致しました。
年中無休、夕暮れより、午前零時まで点灯し、風に揺れる木霊が赴き深く感じられます。熱海に訪れた9割の外国人観光客が満足したとの調査結果を戴いております。。


【新参集殿とカフェ報鼓】

PA140062press.jpg
 当社の境内風景から、20~40代の参拝者が約7割を超え、約7割近くが女性といえます。寺社というと年配層のイメージがありますが、若い世代の皆様に神社を身近に足を運んで頂くことにより、そのお子様や祖父祖母様まで、ご家族で御一緒に御参拝されているようです。
 神社の杜は、昔から神聖を感じる杜として、祖先から大切に受け継がれてきました。
その感じる心は世代にかかわらず、変わることない真意であると思います。
生命力の満ち溢れた神域の杜を感じて頂きたくオープンカフェ「報鼓」を開設し、ゆったりと寛ぎ、御縁が深まる空間を設置致しました。

「報鼓」の意味
祭事を始める際、集合の合図で太鼓を叩く作法の意。
多くの方が神社に集まり、食のもと様々な良き縁(恋愛や家族、仕事、良き人縁等)を結んで、絆を深めて頂きたく、「報鼓」と名付けました。


【来福スィ-ツProject】

ガトーショコラ.jpg
 御祭神が鎮座された際、「麦焦がし、百合根、橙、ところ」を浜辺でお供えしたところ、御祭神が喜んで召し上がったとの伝説があります。
この縁起のある神饌食材を使用し、地域の活性化を狙いとしか計画が「来福スィーツProject」です。
 福道町商店街を始め、各店主にその神饌食材を使った新商品の開発を依頼し、現在では50品を超える11店舗が加盟し、多くの観光客に喜んで頂いております。

 神社直営店の「報鼓」と「來宮神社おやすみ処」には「来福スィーツ」の一部を販売し、興味のある方は「来福マップ」を持って各店舗を巡って貰うのが狙いです。
 來宮神社と梅園、そして来福スィ-ツ街の点を結び、観光に一層の彩りが加わることを目的としています。


【神社由緒新刊パンフやスマホ対応マップ・外国人参拝客専用マップ】

境内マップ.jpg
 観光に来られる方々は、休日に限られた時間の中で旅を楽しまれます。
真に旅を楽しむには、ご当地の充実した情報は必要不可欠と言えます。
様々な形で、今目の前にあるものを「知ってもらう」ことにより、より一層旅に充実感が加わると考えます。
 神社直営店の「報鼓」と「來宮神社おやすみ処」には「来福スィーツ」の一部を販売し、興味のある方は「来福マップ」を持って各店舗を巡って貰うのが狙いです。
 來宮神社と梅園、そして来福スィ-ツ街の点を結び、観光に一層の彩りが加わることを目的としています。


【大楠五色の杜Garden Project】


 平成28年の夏完成を目途に、御神木大楠の横に「大楠Garden」を造成する予定です。
 大楠の周囲を回った後、大楠を守る檜や杉などの下で、寛いで頂ける空間を造成中です。


【現状の熱海隆昌と今後への期待】
 昭和30年代から50年代に向けては、会社の研修会や新婚旅行など高度成長期に乗り、多くの来熱客を数えておりましたが、バブル経済崩壊後、熱海の観光客の衰退は著しいものでした。現在では、様々な反省点を踏まえ、熱海は観光施設や飲食店などが、個別の利益に執着すること無く、観光客の目線に立ち、新しい発想や新規事業を展開をしてきた事により、少しずつでは有りますが、充実し始めた施設が点と成り、その点が線で結ばれ動線が出来始めてきていると感じております。
 観光客に情報を知って頂き、熱海市内を巡って頂く事により、限られた時間の中で、より一層充実感のある旅が実現されます。

 今後は、四季折々や朝夕の時間で、様々なエリア別にも熱海を満喫できる戦略が必要と考えています。誘客が増え始めた段階で在るからこそ、この機会に新しい挑戦と発想、実現へと繋げていくことにより、再び来熱して戴ける観光地「熱海」つくりが急務です。昭和39年、東京オリンピックや新幹線の開通により、熱海は飛躍的に発展しました。
 2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックが開催される好機です。当社も、歴史伝統文化を担いつつ、微力ながら、世代を超えた新しい神社つくりに邁進して参ります。

来宮神社新規事業の経緯

〈境内整備〉平成22年
正面参道造成工事竣工 御神木大楠周辺整備 ※高齢者や雨天の際の参拝対応
〈境内整備〉平成23年
大型バス駐車場造成工事竣工
〈観光対策〉  仝 6月
参拝者休憩施設おやすみ処新規開店
〈境内整備〉平成24年
the Kodama Forest Project 大楠ライトアップ事業始める
〈境内整備〉  仝
境内緑化事業推進 シャガ6000株植樹
〈境内整備〉平成25年 2月
本殿全面硝子戸工事竣工
〈境内整備〉  仝 7月
斎館塗り替え工事
〈境内整備〉  仝 8月
本殿拝殿塗り替え工事
〈境内整備〉  仝 8月
手水者塗り替え工事
〈境内整備〉  仝 11月
本殿床研磨再生工事
〈観光対策〉  仝 12月
地域活性活動「来福スィーツプロジェクト」始動
〈境内整備〉平成26年 1月
来宮神社参集殿完成
〈観光対策〉  仝 1月
境内オープンカフェ茶寮「報鼓」開店
〈境内整備〉  仝 5月
正面参道改修工事
〈広報活動〉  仝 6月
御鳳輦庫展示庫への改修工事
〈観光対策〉  仝 6月
参拝者休憩施設おやすみ処改修工事
〈広報活動〉  仝 7月
スマホ対応境内マップ作成
〈境内整備〉  仝 8月
境内緑化事業推進シャガ3000株植樹他植樹開始
〈境内整備〉  仝 8月
第2期大楠周辺整備開始
〈境内整備〉  仝 9月
本殿ライトアップ事業
〈境内整備〉  仝 9月
駐車場整備
〈境内整備〉  仝 11月
英文マップ作成開始
〈広報活動〉  仝 12月
ホームページリニューアル
〈境内整備〉  仝 3月
新郎新婦参進参道整備
〈境内整備〉平成27年 5月
大楠周辺四季の植栽工事竣工
〈境内整備〉  仝 6月
境内玉砂利整備
〈境内整備〉  仝 6月
本殿音響設備工事
〈広報活動〉  仝 7月
135号線大型看板設置
〈境内整備〉  仝 8月
大楠GARDEN PROJEECT 始動
〈境内整備〉  仝 11月
本殿照明設備工事
〈境内整備〉  仝 11月
本殿照明設備工事
〈境内整備〉  仝 11月
参道照明設備工事
〈境内整備〉  仝 11月
玉串拝礼台設置
〈職員研鑽〉  仝 11月
神職巫女英会話研修会開始
〈境内整備〉  仝 12月
來宮弁財天手摺り改修工事
〈境内整備〉  仝 12月
境内カメラ台設置 インスタグラム始動
〈境内整備〉平成28年 3月
来宮の杜の香り「SOU」授与所設置及び茶寮「報鼓」にて販売開始